暮らしやすさを考慮して

このコラムをシェアする

注文住宅を建てる前に

まず住宅を建てる前に考えてみましょう。
暮らしやすさとは何か。
実はこの問題に関しての答えは、それぞれの環境によって異なるのです。
例えばキッチンの仕様について、少し腰高なキッチンにする方が使いやすいというご家庭もあれば、高さがあると使いづらいと感じる方もいます。
アイランドキッチンは広々としているうえオシャレな印象にも見えますが、モノを置きっぱなしにするとゴチャゴチャと雑然とした印象を見せてしまい落ち着かないと感じることもあるのです。
オシャレな印象だけとらえて取り入れてしまうと、自分達の生活に見合った環境にならず、むしろ使いづらいと感じてしまう原因にもなりかねません。
これは注文住宅を建てる前に知っておくべきポイントです。

機能性はそれぞれ考慮しよう

注文住宅を設計する際には、機能性をしっかりと考慮しておきましょう。
今だけでなく将来の機能性にも創造力を膨らませておくことが大切です。
例えば小さなお子さんのいるご家庭なら、住宅を建てる際に子供部屋も配置したいと考えるでしょう。
ただ子供がいつか巣立った時に子供部屋は不要になるかもしれません。
そこで子供部屋の仕切り壁を自由に動かすことができれば、その空間を別に生かすことができます。
普段は好きな趣味の部屋として使えて、帰省した子供が寝泊まりできる空間にも変えられます。
その家に暮らす家族によって、どこに使いやすさが生じるかはそれぞれです。
機能性の高い注文住宅を建てるなら、今の配置を見て、どこが変化すれば将来に使いやすさが継続するのかを想像することも大切なのです。