注文住宅のポイント

このコラムをシェアする

一般的な注文住宅とは

一般的に注文住宅と呼ばれるものでは、土地の売買と建物建築の際の請負に条件が無く、それぞれが別として取り扱われます。
どこに玄関を配置するか、またリビングはどこにする等の間取りを始めとして、水周りや冷暖房の設備、日本家屋なのか西洋風なのか等、全てのことを自由に決められます。
その他、建築条件付きの土地と家のモデルは決まっているけれど、室内の配置を自由に変更できる自由設計やハウスメーカーによるフリープランなどがあります。
こちらは注文住宅とは異なり、いくつかの変更できないものはありつつ、その中でオーナー側の希望に沿って自由な注文を受けることができるものです。
建売で販売される住宅とは違い、どちらも建物の仕様はある程度ご自身で決めることができるため、個性を尊重した住宅を希望する方に最適といえます。

建築会社によって違いもある

一般的な注文住宅の定義はあっても、その注文の範囲や環境は、建築会社によって違いが多々あることにも注意しておきましょう。自由設計、フリープランとされていても変更できる箇所が建築会社によって違いはあるのです。
例えば内装材は自由に決められるけれど、場所の問題で外装材は決まっているということがあります。更に環境の問題から水周り工事をする上で、キッチンや洗面所などの配置が変更できないということも。加えて建設会社の親会社の関係上で、建築に際して導入しなければならない設備があるという場合も生じます。
つまり注文住宅といっても様々なタイプのものがあるため、実際にどのような決まりがあるのかはその請け負う会社や場所から異なることがあるのも把握しておくべきなのです。