住みやすい空間とは何か

このコラムをシェアする

デザイナーズハウスのメリットとデメリット

デザイナーズハウスというとおしゃれで素敵な住宅というイメージが多いのではないでしょうか。
一般的にデザイナーズハウスというと、住宅にデザイン性を重要視し、普通の住宅とは一味も二味も変化を加えて、その環境や住民の暮らし方に合わせて建てられる住宅のことをいいます。
例えば、狭小地や変形地、また大きな通りに面している環境では、家を建てにくいことも多いものです。
デザイナーズハウスならこうした環境を逆に利用し、その土地ならではの利点を生かした家を作ることができます。
また、日本家屋の良さと西洋家屋の良さを組み合わせて和洋折衷な空間を作り、自分なりのオリジナリティーを加えることができるのもメリットです。
一方、デメリットもあります。
デザイナーズハウスはデザインを考慮するのに時間がかかる上、住宅を売買するときに特殊なデザインであるため値段が付きにくい可能性もあるのです。

どの様に参考にすべきか

デザイナーズハウスには、デザインが特殊であるためにメリットとデメリットが存在しています。
では、そのメリットとデメリットを考慮したうえで、どのようにデザイナーズハウスを建てるのが賢明なのでしょう。
デザイナーズハウスを建てる場合には、自分の個性を重要視するだけでなく、設計や建築に携わるプロの声も参考とすることが大切です。
また同様の環境に建てられたデザイナーズハウスを参考にすることも秘訣の1つです。
デザインに特化しすぎると、実際に住んでみると失敗したと感じるポイントも出てくるでしょう。
しかも設計の段階で予測できる問題点もあるものです。
こうした問題に強いのがプロですから、建てる前にはしっかりと話し合い、アドバイスを参考にすると良いでしょう。